まちのお寺の学校ナビ

ごあいさつ

最明寺は鎌倉幕府の執政北条時頼が弘長二年(1262)に建立した寺院です。

宗派は天台宗、本山は比叡山延暦寺。
現在の住職で54代目となり、長きに渡り川越の地で活動しております。

川越市はかつて城下町であったということもあり県内で最も寺院が多い地域であり、
「小江戸」の名称で観光地として人々に親しまれております。

その証拠に、街を歩いていると自然と視界に寺院が入ってきます。

その昔、寺院は「寺子屋」「駆け込み寺」などと呼ばれ、多くの人々の憩いの場として存在しておりました。

しかし、今現在はどうでしょうか。
お葬式や法事などの特別な用事でもない限り、足を運ばない場所になってしまったのではないでしょうか。

私たちは、最明寺を現代の寺子屋として地元の方が気軽に足を運べる寺院にすることを目指しています。

最明寺寺子屋 校長

副住職 千田 明寛

1988年3月17日生まれ。埼玉県・川越市出身。

法政大学法学部国際政治学科卒業。
専門は「イギリス政治」

在学中に、国会議員事務所でのインターンを経験、またイギリスの大学に短期留学し、国内外の政治を広く学ぶ。

国連難民高等弁務官の緒方貞子氏が立ち上げた学生団体「模擬国連」で2009年度副会長を務める。

大学卒業後、自坊を継ぐために仏門に入り2014年に比叡山延暦寺での加行を終え下山。

現在、最明寺副住職として地元・川越を仏教を通

  • 正式名称 最明寺
    住所 〒350-1104 埼玉県川越市小ヶ谷61番地
    電話番号 049-246-1935
    連絡先 remoni1718@gmail.com
  • アクセス ●公共交通機関でお越しの場合
    電車の場合
    新宿駅→池袋駅→JR川越駅→川越線・西川越駅(約60分)西川越駅より徒歩10分
    (川越駅からタクシーで約10分 1500円程度 ※川越線は一時間に二本しかないため、川越駅からタクシーで来る方も多いです。)バスの場合
    西武バス(川越35系統)本川越駅発~川越駅西口経由~かすみ野行き「水上公園入口」下車 徒歩5分

    ●お車でお越しの場合
    関越自動車道川越I.C.より5分