まちのお寺の学校ナビ

ごあいさつ

たくさんの自然と神仏に出会えるお寺。三郷の高応寺へようこそ★

サラリーマン夫と3人の子供の育児に奮闘しながら、住職をしている普通のママ。
お寺でホッとママ僧侶とお話しませんか。

400年の歴史ある高応寺の〔特徴〕
(1)朝昼夜、梵鐘が鳴る。
(2)江戸間と京間を繋げた珍しい書院造。
(3)関東では珍しい水琴窟が冴え渡った琴の音を奏でる。
(4)チベットのダライラマ法王様から奉納された仏舎利が安置されている。
(5)ご利益ある神様が大勢いらっしゃる ・ 2013年夏に奉納された、山形県の仏師が特別な技法で彫り上げたお釈迦様 ・ 子宝や女性の味方、鬼子母神様 ・ 富を与えてくれる、お大黒様(三郷七福神めぐりの神様) ・ 雨を降らせてくれる、龍神様、七面様 ・ 願い事を叶えてくれる、最上稲荷様
(6)駅近住宅街でも、ホタル、森青蛙、チョウザメ、鯉、カッコウ、鶯、などが生息する小川と池がある。
(7)お寺を囲む大きな松は市内で珍しく、市指定樹林。
(8)インドブッダガヤからの本物のインド菩提樹がある。
(9)四季折々の珍しい草花が沢山。常に、撮影会?
(10)住職はタイ王国から日本人初の仏教学術功労賞を授与された程の、世界的仏教学者
(11)女性僧侶は僧侶全体の1割。このお寺は二人も女性僧侶がいる。
(12)女性ならではの観点でお寺と社会の関わりを様々に企画。
・ 寺カフェ ・ 親子ヨガ ・ 笑いヨーガ ・ ベビーきっずマッサージ ・ コンサート ・ ホタルの夕べ ・ ライトアップ(ホタルの夕べと大晦日のみの幻想的な境内を演出) ・ JAXA宇宙講演会 ・ 介護者サロン ・ ガンカフェ ・ 瞑想会 など。  まさに「三郷のパワースポット」★

高応寺寺子屋 校長

住職 酒井 菜法

9歳で得度。
日本文化の素晴らしさに改めて気づき、25歳で修行にいく。
会社勤めの夫と3人の子どもを持つママ僧侶。

子育て世代に「お寺」を親しんで欲しいと2012年~育児支援を開始。
以後、お寺が「サードプレイス」としてココロの拠り所となることの重要性を感じ、「育児支援」「教育支援」「介護支援」「がんカフェ」「仏活(仏教を学ぶ活動)支援」と様々な生老病死の苦悩に寄り添う。

・メディア:
テレビ朝日「ぶっちゃけ寺」
NHKゆうどき「キラ女☆スタイル」

  • 正式名称 高応寺
    住所 〒341-0018 埼玉県三郷市早稲田2-14-4
    電話番号 048-957-0849
    連絡先 nanohanaho@yahoo.co.jp
  • アクセス ●公共交通機関でお越しの場合
    電車の場合
    JR武蔵野線「三郷駅」北口より徒歩6分
    つくばエクスプレス線「三郷中央駅」よりタクシー5分

    ●お車でお越しの場合
    常磐自動車道「三郷インター東出口」より6分
    外環自動車道「三郷インター西出口」より6分
    新三郷ららぽーと、IKEA、コストコから車で3分。
    越谷レイクタウンから車で15分。