自然と伝統

2019/12/11(水)19:00〜21:00

【終了】結ぶ、繋がる、水引づくり

願いを込めて。お正月飾り

祝儀袋や贈り物の包みにかける飾り紐、「水引」。 人と人、心と心を結ぶとも言われる日本の伝統文化です。

水引の語源には、和紙を細くねじって紙縒り(こより)にし、着色した水に浸して引きながら染めることからそう呼ばれるようになったという説や、紙縒りに水糊をつけて固めたからなど、いくつかの説があります。
飛鳥時代、遣隋使が日本に持ち帰った貢ぎ物に紅白の麻紐がかけられていたことから広まったと言われる水引には、紐の色、本数、結び方に意味があります。

おめでたいことには紅白・紐は奇数、お悔やみごとには白黒・紐は偶数に。
何度あっても良いお祝いごとには「蝶結び」を。
一度きりのお祝いや、二度繰り返したくない弔事には「結び切り」を。
こんな風に水引には、先人たちの願いが込められているのです。

知っているようで知らない、水引のこと。
まずは、水引の紐をご自身の手で触って、結んで、形を作ることで、その存在がぐっと身近になるでしょう。

12月は、お正月飾り

12月は水引でお正月飾りを作ります。
良い一年を願いながら、ご自身の手で水引を結んでみませんか?
心のこもったお正月飾りで、新年を迎える準備を始めましょう。

輪飾りはこちらで用意いたします(色は赤)。
レッスンでは、梅、竹、松の飾りを結びます。梅、竹、松の水引は用意した中からお好きな色をお選びいただけます。
お正月飾のサイズは直径約12cmです。

【講師】
岡本 英子
水引アーティスト

香司・お香と水引のブランド「香紡縁 KOU BOU EN」主宰
大学で「香水」をテーマに香りについて研究。
2014年より「薫物屋香楽認定 香司」として活動。お香を通して数々の日本文化に触れる中で、水引と出会う。
その美しさに魅せられ、水引を使った文香、アクセサリーなどの制作を開始。
2016年、お香と水引のブランド「香紡縁 KOU BOU EN」を設立。
東京を中心にお香と水引のワークショップを開催している。またフリーライターとしても活動中。

【参加費・申込み】
4,500円 当日会場にてお支払いください。
お申込みはコチラ<から
→「このイベントを予約する」ボタンよりお申込みください。
注)お申込み後のキャンセルは、サポートまでご連絡いただけますようお願いいたします。

イベント概要

講師名 香紡縁 岡本英子
タイトル 結ぶ、繋がる、水引づくり
開催日 2019/12/11(水)19:00〜21:00
開催時間 開場時間: 18:30
開始時間: 19:00
終了時間: 21:00
会場寺院 〒150-0011 東京都渋谷区東3-23-3猪瀬ビル1F
書坊
集合場所 書坊
参加料金 4,500円(税込)
参加料金に含まれるもの 指導料、材料費、道具の貸し出し
申込締切 2019年12月10日 23:59
キャンセルポリシー キャンセルの場合は、
サイト上でキャンセルの手続きをしたのち、
サポート(support@machitera.net
)
までご連絡いただけますようお願いいたします。
定員 12名
最低遂行人数 2名
主催者

※このイベントは、主催者様によって企画運営されています。講座の内容については、上記のボタンから主催者様にお問い合わせください。

交通アクセス

公共交通機関でお越しの場合

JR 恵比寿駅から徒歩4分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅から徒歩4分

申込期限切れ

講師情報

香紡縁 岡本英子

講師のプロフィール 「 香紡緑 KOU BOU EN 」主宰/香司・水引アーティスト 大学で「香水」をテーマに香りについて研究。 2015年、「薫物屋香楽認定 香司」として活動開始。 また、水引の美しさに魅了され、アクセサリーをはじめとした水引細工を手がける。 現在、東京都内を中心に、お香と水引のレッスンを行っている。 HP : http://www.koubouen.com/ instagram : https://www.instagram.com/eico410/
講師の活動実績 <現在、担当中の講座> ●水引とお香 香紡縁自主開催(東京・代々木上原) Wanocoto(表参道、日本橋) でんみら(青山) ●水引のみ 真言宗豊山派 金剛院(東京・椎名町) ヨークカルチャー(千葉) さときっちん(東京・東高円寺) ●イベント出展 東京キモノショーなど多数。
講師の保有資格 薫物屋香楽認定 香司

主催者情報

寺子屋ブッダ

活動キャッチコピー お寺は僕らのワクワク空間
活動目的 昔からお寺は、地域コミュニティーの交差点的な役割を担っていました。読み書きそろばんや、娯楽、願かけ、先祖供養、夫婦喧嘩の仲裁をご住職にもちかけることもあったでしょう。お寺は、地域の”縁”の中心地だったのです。

今、社会全体の無縁化が進む一方、人と人を繋ぐシナプスの再構築もはじまっています。そんな今だからこそ、長い歴史を地域の”縁”とともに歩んできたお寺が、現代の地域コミュニティーの中でも存在感を示してくれることが期待されるのです。

寺子屋ブッダは、公民館でもレンタルスペースでもなく、長い歴史を地域の”縁”とともに歩んできたお寺という場所で、「自分のココロとカラダを調え、新しい視点や発想と出逢い、人とふれあい、語り合う」ことがより良い未来をつくる原動力になると考えています。

実は、全国に事例を求めると、こうした”まちづくり”の視点で活躍しているお寺やお坊さんは、非常に多いのです。私たちは、こうした事例を収集し・学び・全国に紹介していきたいと考えています。

お寺がもっともっと「身近で、楽しくて、あたたかい」場所になるために。
そして、人と人を繋ぐシナプスが未来に広がっていくために。

お寺の面白さに気づいている皆さん!私たちや子どもたちの未来のため、一緒にお寺を盛り上げていきましょう!

参加者の声

死の体験旅行® @金剛院
みどり 大切なものを手放すのは、身を切られるように辛い作業でしたが、最後にしわくちゃになった紙を一枚一枚拾って広げた時、その全てがわたしの一部なのだと感じました。その思いを忘れずに、大切なものに支えられ、目指し、成長していきたいと思います。 今日の出会いが、人生の転機になるような気がします。 心から感謝を申し上げます。 ありがとうございました。

関連講座Related