ココロとカラダ

2019/03/26(火)19:00〜20:30

【終了】井上広法の”幸せに満たされる”練習第二回

幸せはトレーニングで高められる。

幸せはトレーニングで高められる。

「ジャータカ」という仏典のひとつに、次のような言葉があります。

幸せは自分でつくる。不幸せも自分でつくる。
幸せも不幸せも、まったく他人のしわざではない。

お釈迦様はこのように、幸せも不幸せも自分自身がつくり出すものだとおっしゃっているのです。
また、最近では科学の知見からも非常に興味深いことがわかってきました。ポジテゥブ心理学の幸福の実証研究で知られる、ソニア・リュボミアスキー博士の研究によると、幸せには自分の意思が大きく関わるという結果が報告されています。
つまり、およそ2500年前に始まった仏教でも、最新の心理学や科学でも、「幸せは自分でつくれる」と明言されているわけです。

では、具体的に、何をどうすれば幸せになれるのでしょう?この講座では、講師である井上広法の著書「心理学を学んだお坊さんの幸せに満たされる練習」をベースに、以下のことを学びます。

どの回からでも受講可能です。

第2回 3月26日(火)19:00-20:30
◯「ありのまま」を見る
◯「思いやり」を深める

※3回目にご参加の場合、別途お申し込みが必要です。
第3回 4月18日(金)19:00-20:30
◯「自分らしさ」を生かす
◯「感謝」を育てる
◯「幸せの先」にあるものに気づく

イベント概要

講師名 井上広法
タイトル 井上広法の”幸せに満たされる”練習第二回
開催日 2019/03/26(火)19:00〜20:30
開催時間 開場時間: 18:45
開始時間: 19:00
終了時間: 20:30
会場寺院 〒150-0011 東京都渋谷区東3-23-3猪瀬ビル1F
書坊
集合場所 寺子屋ブッダLAB
参加料金 3,000円(税込)
申込締切 2019年03月25日 23:59
キャンセルポリシー ◆キャンセルポリシー
申し込んだ講座をキャンセルされる場合は、
弊社キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生いたします。申し込み前に必ずご確認ください。
・連絡なしの不参加:受講料の100%
・開催当日~1日前(前日)のキャンセル:受講料の100%
持ち物 筆記用具
定員 28名
最低遂行人数 10名
特記事項 ◆開催中止について
講師の急病や公共交通機関の乱れなどやむを得なく講座を中止する場合は、原則として講座開催前までにセミナー事務局よりメールでご連絡いたします。

なお、弊社からセミナー中止のご連絡を行わない限り、大雨や降雪などの事由により受講をキャンセルされる場合にはお客さま都合でのキャンセルとなり、キャンセル料の対象となりますので、あらかじめご了承ください。
主催者

※このイベントは、主催者様によって企画運営されています。講座の内容については、上記のボタンから主催者様にお問い合わせください。

交通アクセス

公共交通機関でお越しの場合

JR 恵比寿駅から徒歩4分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅から徒歩4分

申込期限切れ

講師情報

井上広法

講師のプロフィール 1979年宇都宮市生まれ 浄土宗光琳寺 副住職 佛教大学で浄土学を専攻したのち、東京学芸大学で臨床心理学を専攻。ぶっちゃけ寺やhasunohaの立ち上げに関わり、現代における仏教の普及を目指している。
講師の活動実績 ・ 「ありがとう —感謝のココロを育む—」  ・ 「悲しみから紡ぐ悦びのおしえ」    ・ 「お地蔵さま —いつも近くでみてござる—」  ・ 「歌謡説法 —ヒット曲に隠れる仏教—」 ・ 「未来の仏教のツタエカタ」 ・ 「ご供養は日本古来のグリーフケア」 ・ 「世界の一流選手に学ぶ仏教の智慧」 ・ 「お彼岸 —いい加減に生きるコツ—」 ・ 「お坊さんのハピネストレーニング」 ・ 「念をもって聴く —仏教と傾聴—」 ・ 「お坊さんが幸せを科学する —仏教と臨床心理学—」 ・ 「わたしがぶっちゃけ寺を始めた理由」 ・ 「お寺が楽しくなる七つの秘訣」 ・ 「念を持って聴くーマインドフルネスと傾聴−」 ・ 「マインドフルネスとは」 ・ 「未来を作る四年間の過ごし方」 ・ 「未来を作る三年間の過ごし方(高校生ver.)」 ・ 「未来を作る三年間の過ごし方(中学生ver.)」 ・ 「ホイミの唱え方 —仏教リノベーションの最前線—」 ・ 「幸せに満たされる練習」 ・ 「仏教リノベーションの最前線」

主催者情報

寺子屋ブッダ

活動キャッチコピー お寺は僕らのワクワク空間
活動目的 昔からお寺は、地域コミュニティーの交差点的な役割を担っていました。読み書きそろばんや、娯楽、願かけ、先祖供養、夫婦喧嘩の仲裁をご住職にもちかけることもあったでしょう。お寺は、地域の”縁”の中心地だったのです。

今、社会全体の無縁化が進む一方、人と人を繋ぐシナプスの再構築もはじまっています。そんな今だからこそ、長い歴史を地域の”縁”とともに歩んできたお寺が、現代の地域コミュニティーの中でも存在感を示してくれることが期待されるのです。

寺子屋ブッダは、公民館でもレンタルスペースでもなく、長い歴史を地域の”縁”とともに歩んできたお寺という場所で、「自分のココロとカラダを調え、新しい視点や発想と出逢い、人とふれあい、語り合う」ことがより良い未来をつくる原動力になると考えています。

実は、全国に事例を求めると、こうした”まちづくり”の視点で活躍しているお寺やお坊さんは、非常に多いのです。私たちは、こうした事例を収集し・学び・全国に紹介していきたいと考えています。

お寺がもっともっと「身近で、楽しくて、あたたかい」場所になるために。
そして、人と人を繋ぐシナプスが未来に広がっていくために。

お寺の面白さに気づいている皆さん!私たちや子どもたちの未来のため、一緒にお寺を盛り上げていきましょう!

参加者の声

死の体験旅行® @金剛院
みどり 大切なものを手放すのは、身を切られるように辛い作業でしたが、最後にしわくちゃになった紙を一枚一枚拾って広げた時、その全てがわたしの一部なのだと感じました。その思いを忘れずに、大切なものに支えられ、目指し、成長していきたいと思います。 今日の出会いが、人生の転機になるような気がします。 心から感謝を申し上げます。 ありがとうございました。