ココロとカラダ

2018/09/08(土)13:00〜18:00

【終了】ココロとカラダの健康塾1日目 #食・自分を認める・つながり

医師と僧侶から学ぶ健康寿命を10年伸ばす生活習慣

医師と僧侶から学ぶ健康寿命を10年伸ばす生活習慣

人生100年時代と言われますが、健康寿命は伸びていません。男性で平均9年、女性で平均12年もの期間を、健康上の理由で日常生活が制限される生活を余儀なくされています。これは、個人や周囲にとっても大きな苦痛ですし、社会にとっても大きな負担です。

人生100年時代は、健康であり続けることが何よりも社会貢献なのです。

この「ココロとカラダの健康塾」は、これまで「よりよく生きる」ことを提供してきたお寺から、「心と体の健康を維持するための生活習慣」の提供をしていこうと、有志の僧侶と医師がタッグを組みスタートしたものです。

ストレスフルな現代を健やかに過ごすために必要な6つの生活習慣を、最新の医療情報と仏教の智慧のコラボで、ゆっくり、しっかり、丁寧に学びます。
目からウロコの健康習慣。
ぜひご参加ください!!

仏教と医学は、一見、水と油の存在のようですが実際はそうではありません。研ぎ澄まされた実感値の積み重ねから生まれた、仏教の「心身一如」というコンセプトは、精緻な科学的根拠(エビデンス)の積み重ねから追求してきた医学でも「心身相関」と表現されています。
手法は違っても目的は一緒という喩えに「登り口は違っても山頂は一緒」という表現がありますがまさにその通り。仏教も医学も、健康という山頂に向かうための「山道」や「杖」であることに違いはないのです。
また、もう一つ共通点があります。それは、心と体の健康を維持するためには、「良い生活習慣を持つこと」を最も有効な解決策としている点です。「抜け道」や「魔法の杖」はないとした上で行動を促すことはとても大切です。
最近では、ストレス耐性と腸内環境の相関関係が明らかになるなど、心と体の驚くべき相関関係が一般人の間でも信ぴょう性の高い情報として受け取られています。仏教と医学が、互いの特徴を生かして健康に対する「動機」を作り、「良い生活習慣」を提供すれば、健康寿命の延伸に大きく貢献できるものと考えます。
毎日の積み重ねが明日のあなたの健康を作ります。ぜひ、ご参加ください!