ココロとカラダ

2018/07/12(木)19:00〜21:00

【終了】ココロがアラワレル写経の時間

般若心経に写すわたし

お経を書き写していく「写経」。
一筆ずつ一心に文字をしたためていく静かな時間の中で、心のザワつきから解放され、心が変わる瞬間に出会えることでしょう。
「行(ぎょう)」のひとつである写経では、一文字一文字を仏さまとして向き合います。

本講座では、特に、端正で、かつ威厳のある“写経体”を学ぶことに力を入れています。
歴史ある修行の形を通して、自身の心に気づき、自らの手で心を静めてみませんか?

未来へ受け継ぐ、般若心経。
わずか300字足らずの中に、仏教の教えの心髄が説かれているという般若心経は、写経の題材として日本でも古くから親しまれてきました。
本講座では、手本を見ながら写経独自の文字の形である“写経体”を学ぶと同時に、般若心経の歴史と教えを学んでいきます。先人から現代を生きる私たちへ伝えられた日本の心を、般若心経を通して未来へと受け継いでいきませんか?

(講師メッセージ)
本講座では、特に端正でかつ威厳のある”写経体”を学ぶことに力をいれています。
一文字、一文字が仏であることに重きをおき、歴史ある修行の形を通して、自分の心に気づき、自らの手で心を静めてみませんか。


【参加費】
1,500円
※当日会場にてお支払い下さい。

【申込】
事前のお申込なしでご参加いただけます。
(当日直接会場までお越し下さい)

※毎月第1・3月曜日、第2・4木曜日 開催(祝祭日は休講)
時間:19:00〜21:00
・19:00〜般若心経の歴史と解説?写経体とは?
・19:20〜般若心経写経(小筆・料紙にて/90分)
※ご参加いただく方ははじめに写経練習(30分)のち清書用紙に写経をいたします。
※筆、紙などの用具は講師にて準備いたします。

イベント概要

講師名 吉川 虹舟
開催日 2018年07月12日
開催時間 開場時間: 18:30
開始時間: 19:00
終了時間: 21:00
会場寺院 〒150-0011 東京都渋谷区東3-23-3猪瀬ビル1F
寺子屋ブッダLAB
集合場所 寺子屋ブッダLAB 恵比寿
参加料金 1,500円(税込)
参加料金に含まれるもの 写経指導
写経道具一式
申込締切 2018年07月12日 23:59
キャンセルポリシー 当日参加OK
持ち物 手ぶらでお越しください。
定員 8名
最低遂行人数 1名
特記事項 6月4・14・18・28日開催
19:00〜21:00

主催者

※このイベントは、主催者様によって企画運営されています。講座の内容については、上記のボタンから主催者様にお問い合わせください。

交通アクセス

公共交通機関でお越しの場合

JR 恵比寿駅から徒歩4分
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅から徒歩4分

申込期限切れ

講師情報

吉川 虹舟

講師のプロフィール 6歳から書道を始める。
1998年日本書道教育学会師範取得。
2003年頃より友人である高応寺副住職とのご縁で、お盆お彼岸を中心にお寺のお手伝いをさせていただくことになる。
2008年より自宅にて幼稚園児?小学生対象の書道教室を始める。
2014年法隆寺官長賞受賞。

写経を専門的に学ぶきっかけともなった仏縁に感謝してしています。

一文字、一文字が仏であることに重きをおき、修行のひとつである写経を精進することにより、自身の心に触れることのできる写経を目指していきたいと思っています。
講師の活動実績 寺子屋ブッダ・まちのお寺の学校 写経講座講師
講師の保有資格 (公財)日本書道教育学会 書道師範

主催者情報

寺子屋ブッダ

活動キャッチコピー お寺は僕らのワクワク空間
活動目的 昔からお寺は、地域コミュニティーの交差点的な役割を担っていました。読み書きそろばんや、娯楽、願かけ、先祖供養、夫婦喧嘩の仲裁をご住職にもちかけることもあったでしょう。お寺は、地域の”縁”の中心地だったのです。

今、社会全体の無縁化が進む一方、人と人を繋ぐシナプスの再構築もはじまっています。そんな今だからこそ、長い歴史を地域の”縁”とともに歩んできたお寺が、現代の地域コミュニティーの中でも存在感を示してくれることが期待されるのです。

寺子屋ブッダは、公民館でもレンタルスペースでもなく、長い歴史を地域の”縁”とともに歩んできたお寺という場所で、「自分のココロとカラダを調え、新しい視点や発想と出逢い、人とふれあい、語り合う」ことがより良い未来をつくる原動力になると考えています。

実は、全国に事例を求めると、こうした”まちづくり”の視点で活躍しているお寺やお坊さんは、非常に多いのです。私たちは、こうした事例を収集し・学び・全国に紹介していきたいと考えています。

お寺がもっともっと「身近で、楽しくて、あたたかい」場所になるために。
そして、人と人を繋ぐシナプスが未来に広がっていくために。

お寺の面白さに気づいている皆さん!私たちや子どもたちの未来のため、一緒にお寺を盛り上げていきましょう!

関連講座Related