まちのお寺の学校 パートナー講師規約

  1. 第1条 【パートナー講師の審査】

    1. パートナー講師として登録を希望される会員から申請があった場合、理念の共有や規約の遵守が可能であるか等について当社団において審査をさせていただきます。
    2. 前項の登録審査の内容についてのご質問には回答いたしかねますのでご了承ください。
    3. 第1項の審査は、当社団の判断により省略または変更させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。
    4. 法人名でパートナー講師申請をする場合、当社団は、申請手続きを行った会員が法人を代表して本規約に同意したものとみなします。したがって、第1項の申請手続きを実際に行った会員は、法人を代表して本規約に同意するということを当社団に対し保証するものとします。
    5. 本規約に反すると認められた場合は登録情報を削除します。登録情報の削除理由について、個別にお答えいたしません。
  2. 第2条 【パートナー講師の誓約事項】

    パートナー講師は本サービスの利用にあたり、以下の内容を保証および誓約し、以下の各号の内容が正確または真実ではなかったことにより、当社団、他の会員その他の第三者が損害を被った場合は、講座主催者がその損害の一切を賠償する義務を負うものとします。

    1. ①講師の登録情報が正しいものであり、かつ講師として適任であること
      ②登録講座の情報内容が正確かつ真実であることを保証すること
      ③登録講座を登録する正当な権限や必要な資格を有することを保証すること
      ④登録講座を催行する上で、施設や備品等の所有者その他の権利者との契約に違反していないことを保証すること
      ⑤前項の場合、所有者その他の権利者の承諾が当該契約上要求されている場合は、この承諾を得たうえで本サービスを利用していること
      ⑥登録講座を実施したことにより、施設や備品等が汚損、破壊等されたとしても、講座主催者自身の責任で修復や補償を行うこと
      ⑦当社団、他の会員やパートナー寺院およびその他の第三者の権利、利益、名誉等を損ねる行為ならびに第三者に迷惑となる行為や不快感を抱かせる行為を行わないこと
      ⑧信仰や思想の強要または強要と受け取られかねないような行為をしないこと
  3. 第3条 【準拠法】

    本規約に関する準拠法は、日本国の法令が適用されます。

  4. 第4条 【解釈の疑義および管轄裁判所】

    1. 本規約の解釈を巡って疑義が生じた場合、当社団は合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。
    2. 本規約に関する全ての紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  5. 第5条 【分離可能性】

    1. 本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。
    2. 当社団および会員は、前項の無効若しくは執行不能の条項または部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項または部分の趣旨並びに法律的および経済的に同等の効果を確保できるように努めます。

以上 改定・適用 平成30年1月15日 一般社団法人寺子屋ブッダ