お寺を舞台に、講義やイベントをしてみませんか?

よりよく生きるための有意義な時間をお寺と一緒に広げましょう。

『まちのお寺の学校』は、お寺を舞台に「学びたい人」と「教えたい人」が
つながって「よりよく生きるための有意義な時間」を生み出そうとするプロジェクトです。
2014年にこのマッチングプロジェクトがスタートして以来、
宗派・地域を超えたお寺と、多彩な講師たちとの出会いによって、
魅力的な講座が次々と生み出されてきました。

寺子屋活動に積極的なお寺が
続々と集まってきています。

全国にお寺は、77000ヶ寺あると言われています。
この数は、コンビニエンスストアの1.5倍、小学校の3倍以上に相当します。
今、このお寺の中で寺子屋活動を通じて地域とのつながりを深めようとするお寺が増え始めています。
地域の人々に開かれた現代の寺子屋は、「読み書きそろばん的スキルアップ」というよりも
「自分と向き合い、よりよく生きるための学びと気づきを提供する」というニュアンスがあることが特徴です。
また、お寺イベントと聞くと、「お祭り的イベント」が連想されますが、仕事帰りに寄れるような「日常的な学びの場」が求められています。
平日の夜や、普段の土日に「ジブンの時間」を過ごそうとする方々に、ぜひ有意義な時間をご提供ください。

お寺は、お寺は「場所貸し」をしたいわけではなく、
地域の方々に有意義な時間を提供していくための
パートナーを求めています。

お寺が求めているのは、お寺を以下のような場として捉え、
地域の学びの場・気づきの場として一緒に活動してくれるパートナーです。
①ココロとカラダを調えられる場
②よりよく生きるための気づきを得られる場
③良き人の繋がりができる場

  • ココロとカラダ
    1. ヨガ講師
    2. 作業療法士・理学療法士・整体師
    3. 医師
    4. スポーツインストラクター
    5. 書道家
  • 自然と伝統
    1. 伝統工芸を伝えたい方
    2. 伝統食を伝えたい方
    3. 伝統芸能を伝えたい方
    4. ネイチャーガイド
    5. 環境美化活動を行っている方
  • 遊びとアート
    1. ミュージシャン・アーティスト
    2. 落語家
    3. 演劇家
    4. 映画製作・配給事業者
    5. 昔遊びインストラクター
  • まちと暮らし
    1. 朝市を行いたい方
    2. 各種まちづくり事業を行っている方
    3. 地域の魅力を発信したい方
    4. 子供向け講座を行いたい方
    5. 地域の観光を盛り上げたい方

4つのカテゴリーに関連する体験型講座の講師はもちろんのこと、お寺イベントのボランティアや、
チラシ・ポスター・ホームページを作る際に相談できる
デザイナー・イラストレーター・カメラマンなどのクリエーターも求められています。
あなたの得意を生かして寺子屋活動に参加しませんか?

本プラットフォームを利用するメリット

  • お寺”ならでは”を利用できる
  • お寺の静謐な空気感
    畳の空間
    仏教の智慧とのコラボレーション、お坊さんとのコラボレーション
    古来地域のサードプレイスであったお寺の存在意義
  • 「地域のお寺に学びの場を作る」という想いを共有した寺院とともに活動できる
  • お礼や作業分担など、お寺に聞きづらいことも、運営ルールやガイドラインに沿って解決できる
  • お寺の過去参加者リストに、講座やイベントの案内ができる
  • 登録時は完全無料
※イベントが実施された場合のみ、1席分参加費をプラットフォーム利用料として納めていただきます。
ただし、現在、リニューアルキャンペーン中につき無料!(2019年3月31日まで)

まちのお寺の学校寺子屋活動支援プラットフォームの主なメニュー

  • マッチング機能

    パートナー講師とパートナー寺院が
    つながる仕組み。

    1. 講師登録機能、寺院登録機能
    2. 講座イベントの提案機能
    3. メッセージ機能
    4. 推薦コメント機能
  • 集客機能

    ご縁を広げる集客の仕組み

    1. 講座イベントの告知ページ機能
    2. 過去参加など会員向けメルマガによる告知機能
    3. まちのお寺の学校NAVI・Facebookページでの告知
    4. マスコミからの取材 それぞれのお寺の活動を横につなげることで、
      圧倒的に取材を受けやすくなります。
      取材実績 NHK総合「特報首都圏」NHK総合「ゆうどき」J-Wave「平井理央WONDER VISION」東京新聞「生きる」日経新聞「おでかけナビ」「講談社ミモレ」「Greenz.jp」「OZmall」「VERY」「女性セブン」「an・an」など多数
  • 参加者管理機能

    講座運営に必要な参加者管理の機能

    1. 予約管理機能
    2. 参加者へのメッセージ機能
    3. 参加者アンケート機能
    4. 講座イベントエリア告知機能 近隣エリアの「まちのお寺の学校」の過去参加者に講座イベントを告知
  • 寺子屋学講座

    寺子屋活動をより有意義にするための講座 (リアル講座およびWebサイト上のコンテンツとして展開)

    1. お寺コミュニティ・リノベーション科 寺子屋活動の運営ノウハウ講習
      僧侶向け寺子屋講師養成講座
      お寺を活かした地域活性モデル研究
    2. お寺スペース・リノベーション科 お寺に特化した、省エネ、防災、防犯、安全対策講座
      環境美化や快適化の学習
      成功事例の研究

ご利用の流れ

  1. Step.1 まずはパートナー講師として登録しましょう

    • ① 一般会員登録

      まずは、一般会員として登録いただきます。

    • ② パートナー講師登録(5分)

      一般会員になると、パートナー講師として登録が可能となります。情報を充実させて、魅力的なプロフィールにしましょう。

  2. Step.2 講座を開催しましょう

    • ① 提案用の講座を作成(10分)

      パートナー講師の登録が完了したら、お寺に提案する講座やイベントの登録を行います。
      情報を充実させて、お寺からのオファーを待ちましょう。

    • ② お寺とのマッチング

      作成した提案講座に興味を持ったお寺からメッセージが届きます。やりとりした上で、面会していただきます。詳細を話し合った上で開催することになったらマッチング成立です。

    • ③ 参加募集ページの作成&集客活動

      参加募集ページはパートナー講師が入力し、会場寺院に内容確認の上承認していただくことで公開されます。(お寺が主催となった場合はお寺が入力します)告知ページが出来上がったら、facebookなどのSNSで情報をシェアしたり、関係者・友人・商店街・自治会など地域の繋がりある方にお知らせします。

    • ④ 実施&アンケート

      講座イベントの当日は、事前に講師などと取り決めた役割分担にそって実施します。参加人数が多いイベントの場合は予想できない対応も発生する可能性があるので、あらかじめお手伝いいただける方を手配しておきましょう。

  3. Step.3 開催が終わったら

    • ① アンケートの収集

      講座イベントが終了したら、参加者へアンケートの記入を促してください。アンケートは、参加者にメールで送信されます。
      アンケートの回収率が上がると、寺子屋会員リストも自動的に増えますのでご協力をお願いいたします。

    • ② 開催レポート提出

      講座イベントが終了したら、講座・イベントの品質維持と、プラットフォーム利用料算出のため、主催者様にレポートの作成をお願いします。

    • ③ 精算

      レポートを受理後、イベント参加費・参加者数に応じた講座開催手数料が算出されます。翌月末に他の講座の手数料と合算してお支払いください。
      ※手数料は、講座開催の条件により変動します。

まちのお寺の学校
プラットフォーム利用料

リニューアルキャンペーンにつき、下記料金は2019年3月31日まで無料です。
※ただし、「ゆったり寺ヨガ」などプラットフォーム利用料とは別に、
協力団体からの課金が必要になる場合がありますのでご注意ください。

講座開催手数料

参加人数9人以下 講座売上の10%
参加人数10〜20人 講座1席分
参加人数21人〜 講座売上の5%

一人分の参加費が500円以下の講座は無料です。

パートナー講師の声

ヨガ講師
momoco(菅波 桃子)Yoga Teacher momoco

東京都生まれ。
短大卒業後、一般企業へ就職。オフィス勤務の運動不足を解消する為に始めたヨガに、いつしか精神面を支えられていたことに気付き、この効能を多くの人に伝えたいと、2009年、ヨガ指導者資格を取得。
現在は、都内を中心に、ヨガスタジオ・スポーツクラブ、小学校や企業への出張、また個人宅での指導等、幅広く活動している。

西新宿の高層ビル群の中に静かに佇むお寺・淨音寺。

近代的な外観でありながら、お寺の中に入れば、
美しい本堂が広がり、ヒノキの香りが心地よく漂う、
都会の喧騒をふと忘れるほどに、心落ち着く温かい空間です。
御住職のお人柄は、温かく優しく、
ご参加くださる皆さんの心をホッと和ませてくださいます。

静やかで、神聖な空気に包まれる本堂で行うヨガは、
より自身の内への意識が高まり、
崇高なところへと導かれる、特別な時間です。
身体も心も解れるヨガの後には、
御住職より、御住職が大切にされている言葉や
季節に合わせたお話をしてくださいます。
「ご縁をいただいた方には、精一杯尽力します。」
と仰る御住職は、そのお言葉通り、
お寺を訪れた方、お一人お一人に対して、
真摯に向き合ってくださる方で、
ヨガの待ち時間や終了後も、
仏教の基本の「き」を分かりやすく教えてくださる場面があったり、
日常の何気ないことにも耳を傾けてくださり、
ご参加くださる皆さんの表情が柔らかくほころぶ様子を
よくお見かけします。
心を解すヨガの力もあり、高山住職、そして皆さんの心の温かさも重なり、
その雰囲気の朗らかさに、
淨音寺クラスには、継続して通ってくださる方が
多くいらっしゃいます。
ここで出会われて、いつの日からか、
仲良く一緒に帰られる方々がいらしたり、
ご近所にお住まいの方同士が、
初めてこの場で出会われてお知り合いになられたり、
また、ゆったり寺ヨガにご参加くださった方が、
淨音寺で開催されている「らうんじ淨音寺」にご参加されたりと、
ゆったり寺ヨガを通して、出逢いが生まれ、
様々に「繋がる」ということを実感しております。
これからも、この活動を通して、
ご近所から遠方の方まで幅広く、
たくさんの出逢いが生まれることを期待しております。

ヨガ&セラピースタジオマリーチ主宰
村上真理子(Mari)Yoga Teacher Mariko Murakami

茨城県生まれ。
ヨガを通して自分自身をケアしていくことの大切さを実感。
現在は自身主宰スタジオ他、お寺等々、様々な場所で、本来のヨガと共に現代のストレス社会へ対応する内容もお伝えしています。

幼少の頃の遊び場の中でも、多くの時間を過ごしたのは、近所のお寺でした。

ご住職との楽しく、時にはご指導を受けるやり取り、
何故か他の遊び場とは違う、優しい大きな何かに包まれる感覚。
ゆったり寺ヨガクラスを担当するにあたり、初めて向かったお寺で、
このなんとも優しい感覚が思い出され、
幼少の頃の無垢の自分も思い出し、またこの優しさに包まれ
心が爽やかに洗われるような衝撃を浴びたのを覚えています。

ヨガもこの感覚にとってもよく似ていて、深い場所にある本来の自分の探求、
さらには本来の姿勢や体調を引き起こし、心から、より豊かに過ごすことを一つの目的としています。

お寺の持つ独特な空気は、心の静寂を引き出しやすく、
スッと、今の心と体の状態に気が付いて、素直に自分と向き合える手助けをしてくれている。
動く瞑想とも言われるヨガを一層深めさせて頂いている。
そう感じています。

ヨガをしている施設でしかヨガをした事がなかったけど、お寺でやっていると知って来てみた。
お寺に興味があったけれど、なかなか出向けずにいたが、お寺でヨガをやっているので
行きやすいと思って来てみた。
お寺ヨガには、そんな皆さんのワクワクした素敵な気持が集まります。
そんな皆さんとの出逢いが私を笑顔に導いてくれます。

仏教、お寺、ヨガ、禅、悟り、迷い、…なんだか難しい!と思わなくても大丈夫!
あまり分からなくても、お寺に一歩入ると人生について考えてみたくなったりして…
各お寺のお庭の風景や、仏像なども感慨ひとしおです。
写真やウェブでは伝えきれないあの空気感! ぜひ体感してほしいです。

ぞれぞれのその一歩は、 それぞれの幸せのために踏み出す一歩だということ。
その一歩が、確実に皆さまを幸せへと導きますように。
その一歩に、お寺でのヨガが何かしらの助けとなりますように。
お寺でそんなちょっぴり素敵な出逢いとなりますように。

そんなお手伝いが出来ますように。

彫刻師
林雄一Sculptor Yuichi Hayashi

1976年東京生まれ。
大学時代から「あらゆるものを彫刻に」をモットーに活動。
日々の祈りの中から仏像彫刻に目覚める。
円空仏像の即興的祈りの造形に惹かれ円空仏を彫り始め、世代を越えた幅広い層にむけて、仏像を彫る楽しさを体験して頂く活動を行っている。

2015年よりまちのお寺の学校によって、私が思い描いていた、お寺での「造仏を通じた尊いご縁の場」を与えて頂いていると感じます。

それは、お寺と人々とのご縁。
ご自身と御仏様とのご縁。
造仏を通じて出逢うご参加の方々同士のご縁。
造仏にあたり、最も尊く有難い場であるお寺でその機会を与えて頂けたことは、仏様もきっと喜んでくださっていると思います。

「ひと彫りで世界が変わる」彫刻の素晴らしさ。
それはまるで、「物足りて、心貧し」と言われる現代に、あえて持てる物を捨てに捨てていくような時間。
ひと彫りひと彫り削ぎ落として初めて見えてくる世界。

無心で木と向かい合い心がクリアになり、人生がより豊かになること。そして、寺子屋ブッダを通じて、仏像彫刻が人々にとって今以上に身近になるよう、彫刻と共に歩み続けたい。合掌