TOP ココロとカラダ ハピネストレーニング

●ココロとカラダ

マインドフルネスで「幸せスキル」UP!
〜お坊さんのHAPPINESSトレーニング〜

いま注目の「マインドフルネス」を学びましょう!

近年、ポジティブ心理学や脳科学によって「幸せ」に関する研究が進み、今を幸せだと感じる人とそうでないと感じる人の違いや、幸福度を上げるための方法が徐々に明らかになってきています。
そこで注目されているのが今話題の「マインドフルネス」です。このマインドフルネスは、ベトナム出身の禅僧ティク・ナット・ハン師が伝統的な仏教の瞑想方法に新たに名付けたものです。
そのマインドフルネス瞑想が基盤となっているものに、世界的な広がりを見せ始めているGoogle社の人材育成研修プログラム「サーチ・インサイド・ユアセルフ」があります。
その他にも、働く人々の心をクリアかつ安定的に保つためfacebookやintelが仏教瞑想を取り入れていたり、スティーブ・ジョブズが日本の曹洞宗の老師に師事していたことは世界的にも有名な話です。
”弔い”のイメージが強い仏教ですが、実は”今をイキイキと生きる智慧”が説かれているのです。

■講座プラン■

[連続講座]
(1)『マインドフルネスとは』
「幸せ」とは何かをポジティブ心理学や脳科学などの最新の研究結果から学びます。そして、いま・ここにいることに集中するマインドフルネスの基礎を学び、その瞑想を体験します。
(2)『共感のココロ × マインドフルネス』
マインドフルネスを応用し、それを他者に向けるトレーニングです。共感力を高め、他者に対して気づきと優しさを持つことを目指します。
(3)『感謝のココロ × マインドフルネス』
マインドフルネスを応用し、周囲に気づきを向けるトレーニングです。日々の生活の中に感謝のココロをもつことを目指します。
(全3回)

このプログラムは、世界12カ国の映画祭で受賞したドキュメンタリー映画「happy~しあわせを探すあなたへ」のメインプロデューサーとして、また、NHKで放送された幸福学白熱教室のプロデューサーとして、「幸福とは何か?」を問い続けてきた、清水ハン栄治さんが、「自分が世界中で教えを受けてきた幸福度向上の方程式をもっとリアルに皆さんと共有したい」との思いから、心理学者・脳医学者、僧侶や瞑想の達人と一緒に開発した幸福度向上の実践的なプログラムです。日本のみならず、世界中の企業や教育機関で実施され好評を得てきました。
この清水ハン栄治さんのプログラムに共感した日本仏教のお坊さん(宗派を超えた30代の僧侶が参加)と、清水ハン栄治さんとの連携によって実現したのが、この「お坊さんのHAPPINESSトレーニング」です。2014年10月から寺子屋ブッダラボ(東京・恵比寿)で共同勉強会がスタートし、清水さんが世界中から学んできた「幸せのための方程式」と僧侶が学んできた「仏教の智慧」とのシナジーが今まさに生まれ始めています。今後は、このユニークなユニットから様々なプログラムを生み出し、お寺を舞台にあらゆる生活者のHAPPINESS向上に寄与していきたいと考えています。

■ハピネストレーニング 講師プロフィール■

  • 「ハピネストレーニング」 講師 井上 広法

    井上 広法
    浄土宗光琳寺 副住職

    1979年宇都宮市生まれ浄土宗光琳寺 副住職佛教大学で浄土学を専攻したのち、東京学芸大学で臨床心理学を専攻しグリーフケアの観点から「遺族における法事の心理的役割の検討」を執筆。科学的に心の仕組みを学んだ僧……  詳しいプロフィールはこちら

■ハピネストレーニング 開催講座一覧■