愛知県名古屋市 久遠寺校

TOP 寺ブログ 『ダイアログBAR in 名古屋・白鳥山法持寺 ー人とお寺の未来をお坊さんと話そうー』

『ダイアログBAR in 名古屋・白鳥山法持寺 ー人とお寺の未来をお坊さんと話そうー』

公開日:2014年09月03日

NPO法人ミラツクと未来の住職塾サンガのコラボによる、お寺で未来を考える新しいダイアログBARに参加してきました。
もちろんそれだけではなく、住職塾サンガのみのセミナーも受講してきました(-_-;)
会所となったのは、もちろん住職塾サンガのお寺である名古屋の白鳥山法持寺。
ゲストスピーカーは、日本全国様々なプロジェクトが集まるクラウドファンディングサービスのREADYFOR?を運営する米良はるかさんでした。

地下鉄出入り口に到着するや「法持寺はコチラ→」なんて看板もあり、到着すれば門前はこんなに立派!
さらに中へ入れば部屋部屋部屋部屋・・・・ととてつもない大きさのお寺様をお借りしてできるのは、まさにつながりと感じました。

まずは15~18時まで仲間同士での研修。
テーマは「お寺の場づくり講座~自坊の未来を開くチームを作ろう~」で、講師としてNPO法人ミラツク代表の西出勇哉さんをお招きしての聴講&ワーク。
NPO法人ミラツク→http://emerging-future.org/

何を学んだかを要約すれば、あるテーマを通じて、人と人との新しい繋がりを作る、ということ。
人と人が繋がると、もしかしたら人生を大きく変化させる要因になるかもしれない出会いもあります。
そんな場を意図的に作っていくのが、ミラツクさんの展望みたいです。
ホームページの方がより詳しく書いてありますので、何をやっているNPOか気になる方は上記URLへ(^^ゞ。

と言っても「じゃあ集まろう」と言って簡単にできることではなくて、
集まりやすい理由作り
話しやすいプログラム
など事前の準備がとても重要ということ。

そこで出してくれた絵が上記のもの。
「相手のニーズ」「自分の想い」「社会のニーズ」を掴んで、参加意欲のデザインをしていく。
これが案外「自分の想い」に走ってしまうんだろうな、と自分でも反省中です(^^ゞ

またテーマを設けることで、話がぶれにくい、その意識を持った方々集まってくる、という利点もあります。
さらに集まった方々の中で、4人グループを作って、さらにトピックスを挙げてみんなで話し合う。
その時には、幾つか簡単なルールを設ける。
など様々な手法を駆使するそうです。

そして実際にグループに分かれて、「地域としての寺の在り方」についてお互いに話し、相手に伝え、相手はどうように聞こえたか、また聞いた中で一番強調している点はどこだったかなどを実践してみました。

ちなみに僕の「地域としての寺の在り方」は、

寺(僧侶)の空気に触れ、深呼吸して、息抜きができ、リスタートしやすい気持ちに切り替えれる場

として、本堂や境内、住職や僕、寺族に遇った時、何らかの余裕が生まれる場として寺がありたい、と思いました。久遠寺周辺はいろんな方々が通ります。生き抜いている方たちに、少しでも息抜きをしてもらいたい。そうするには、どうしたらいいか、を今後の課題として持ち帰ることが出来ました(^^ゞ

最後には、「寺のコンセプトを紹介して下さい」とあり、

笑顔になれる寺

と紹介しました。まだそうなれないところもあるけれども、そうありたいと思います。
けれども、笑顔という結果になるには、寺を通して、深呼吸したり、息抜きしたり、場を感じたり、立ち話をする、安心を得る、教えを聞く、イベントに参加する、など様々な要因を経て、笑顔になってほしいわけで・・・・

字に落とすと、やらなきゃいけない、と覚悟できますので、覚えておいてくださいね(笑)

そして夜の部(18-22時)
住職塾・松本さん × ミラツク・西村さん × readyfor・米良さん のトークライブからスタート。
約一時間ほど、西村さん案内のもと寺サイドの話、プロジェクト側の話、寺への期待感など話を聞きました。
readyfor→https://readyfor.jp/

readyforのお仕事はクラウドファウンディングといって、簡単に言えば、ネット上で「これやりたい!」ということをアピールして賛同して頂く方に金銭的な援助をしてもらう。やりたいことがあっても、それがどんなに素晴らしくても、最終的にお金がない、そんな夢を壊さない為にできたサイトみたいです。僕自身は一度利用したことがありましたが、「手助けしたい!」と思っての寄付は大した痛手とはなりませんでした(笑)

その後に、9つのトピックスを挙げて、自分が興味がある所に寄り、アイデアや話し合いをする、というワークが開かれました。いろいろありましたが、僕が選んだのは、
「柔軟体操の場を広げたい」
「歌付絵本がリリースしたい」
でした。20分ほど滞在し、トピックスを挙げた人が、どうしてそうしたいかの背景を聞きながら、4人のグループで話し合いました。もちろんトピックス毎で話し合うメンバーも違います。

とやっていると話をした人がいっぱい。つながりいっぱいです(笑)
ここでの学びとつながりを今後に展開しなければ意味がありません。けれども、今後お寺を開いていく上でとても重要な貴重な体験とお話を聞くことができました。

すぐには展開できるかわかりませんが、なんとか結んでいきたいです(^_^)/

南無阿弥陀仏